前へ
次へ

労働相談を行う場所を考慮する

近年、労働トラブルが増加をしています。
まさか自分がまきこまれるとは考えていない人がほとんどでしょう。
しかし考えもしないところで巻き込まれてしまうことがあります。
労働基準法を完全に把握することは難しいですが、解雇予告手当や解雇された場合には猶予期間がどれくらいなければいけないのかなどは知っておくとよいでしょう。
実際に自分が被害者になると、どう動くべきなのか分からないことが多いです。
労働相談を労働局や労働基準監督署に行って行うということも考えるかもしれませんが、時間もかかりますし、適切なアドバイスをくれないことが多いです。
今しなければいけないこと、できるだけ早く動くべきことなどを知りたい場合には、NPO法人に労働相談を行ってみるとよいでしょう。
労働トラブルを解決させるためのNPO法人であればすぐに対応をしてくれますし、経験者もいるので安心をして相談をすることができるようになっていることが多いです。

Page Top