前へ
次へ

労働相談したいと感じるときには

仕事と言うほぼ自分の時間を投入する事柄に、人それぞれの考え方が有ると思います。
また感じ方によって、流れてゆく時間の方も大きく違うのでは無いかと考えます。
様々な責務が有り、それを行う人の心の在り方によって生じる差異は、計り知れないとも自分自身思います。
与えられて行うのと、求めて行う事との違いが解った時に得られる物の大きさを理解した時、かなりの力量が備わって居ると想定します。
その様にしていても、本人以外の人から受ける評価は違っている物です。
そうした評価の妥当性が、大きく逸脱している時に労働相談をするべきで有ると考えます。
直接自身の仕事に対しての評価をする方への直談判を行うと言う事が、一番手っ取り早いと感じますが、そうは出来にくい実情もある事も多々あると思います。
直談判が出来ないような状況に有る時には、勤務先とは違う外部機関に労働相談をする事が必要で有ると考えます。
長く働いて行く為には様々な事にも話し合いは必要です。

Page Top