前へ
次へ

店長職の人が残業代がもらえないと労働相談

飲食店などのお店を運営している会社があり、それぞれの店には店を管理する人として店長を置いています。
店長と聞くとその店の管理をすべて行っているように聞こえますが、お店によってはアルバイトが店長をしているところもあり権限は会社や店によって異なります。
人の採用や仕入れ商品の内容、価格決めなどを店長が行っているとしたら会社経営者に近い権限が与えられているといえるでしょう。
一方単にバッジに店長と書かれているだけで他の従業員と待遇が変わらない店長もいます。
労働相談でよくあるのは店長職だと残業代が受けられないかです。
法律ではみなし労働制や業務内容によって労働時間による割増賃金を払わなくてよいケースがあります。
会社によっては残業代を支払いたくないために、十分権限を与えていないのに役職だけをつけて残業代を支払わないことがあります。
弁護士がこの労働相談を受けるとその人が与えられている権限などを調査し、みなし労働制に該当するのかどうかなどを調べてくれます。

Page Top