前へ
次へ

労働相談は匿名で行えます

労働相談をする時に会社にバレる事のリスクを気にする方が居ますが、匿名で相談する事ができるので、会社に

more

労働相談を受けることが

ベーシックインカムという考え方が広まっています。
ノルマがなくても仕事を遂行することができる、というこ

more

労働相談は労基かそれとも弁護士にすべきか

すべてにおいて完璧な会社はないでしょう。
何らかの形で社員は不満を持つでしょうが、そのすべてが表に出て

more

労働相談をして問題を解決する

会社などに勤めている方は、日々の仕事をしっかりとこなし収入を得て生活を成り立てていることになります。
ですが、仕事をする上でいろいろと悩みなどが出てくることもあるでしょう。
個人的なトラブルとは違い会社との間でトラブルとなった場合には、自分一人の力ではどうすることもできないという状況に陥ってしまうこともありますが、そのような場合には外部に悩みを相談してみるというのも有効な手段です。
労働基準監督署などでは、会社との間に起きたトラブルなどの労働相談を受けてくれます。
ただし、その相談内容に関してできることなどは限られているためその点も理解しておく必要があります。
基本的に、労働基準監督署は、労働基準法を基準として労働基準法違反をしている会社で働く労働者に対して労働相談や状況によっては解決のために動いてくれます。
労働基準法違反の可能性があるトラブルの例としては、長時間の残業や賃金や退職金などの未払い、有給休暇を取得させてもらえない、会社の倒産などです。
これ以外にも労働基準法違反の可能性があるものに対しては、労働相談や対応をしてもらえるため会社側とトラブルとなった場合には、労働基準法を基準として違反となるのかどうか判断してみるということも大切です。
相談をすることにより、相談者にどのようなメリットがあるかというと、具体的なアドバイスをしてもらえるという点やトラブルの内容が悪質な場合には、そのトラブルを解決するために行動してもらえるという点です。
会社側とのトラブルとなると、個人の力ではなかなか解決するのは難しいケースも少なくありません。
その点、労働基準監督署ならば、労働基準法にのっとったアドバイスをしてもらえるためどのように動いたらいいかアドバイスを元に行動がとれることになります。
また、悪質なトラブルの場合には、アドバイスだけでなく労働基準監督署側が動いてくれることもあるため、状況の改善、解決につながります。
会社側とのトラブルは、一人で悩まずに外部の力を借りて解決策を模索しましょう。

デザイナーズ・民芸家具もお任せ
どんな家具も買取いたしますので、お気軽にご相談ください

季節品も買取できます
扇風機やこたつなど電化製品も高く買取させていただきます

誰かの力を借りることも重要です
ご遺族のお部屋の片づけ遺品整理業者にご依頼ください

出張料等の無駄な費用をかけずに処分できます
出張量や査定料・処分手数料などをかけずに不用になった品物を自宅からなくすことが可能です。

まだ利用できる品物をゴミにせず済みます
買取に出すことで、想い出の品をゴミにせずに済みますし臨時収入にもなるのでおすすめです。

Page Top