前へ
次へ

労働相談は労基かそれとも弁護士にすべきか

すべてにおいて完璧な会社はないでしょう。
何らかの形で社員は不満を持つでしょうが、そのすべてが表に出てくるわけではありません。
ただあまりに悪質なことをしだすと社員が我慢できずに労働相談をして解決しようと考えます。
では労働者が労働相談をしたいときはどこに行くのが良いかです。
法律関係のトラブルなら弁護士のいる法律事務所がいいのでしょうが、それ以外に労働基準監督署でも相談に乗ってもらえるようです。
労働基準監督署は労災の運営の他就業規則に不正がないかなどを監視している国の機関です。
労働者が会社に問題があると感じたら訴えることができ、場合によってはその訴えによって企業側に指導などをしてくれます。
ただ行ってくれるのはそれまでで、労働者側に損害が出ていても損害賠償するように言ってくれるわけではありません。
弁護士は法的な手続きを取ってくれるので、損害賠償が必要なら企業とその交渉をし、裁判などにも対応してくれます。

Page Top