前へ
次へ

労働相談は匿名で行えます

労働相談をする時に会社にバレる事のリスクを気にする方が居ますが、匿名で相談する事ができるので、会社にバレずに済みます。
メールや電話で相談をする事もできますが、基本的には悩みについてのアドバイスや、労働基準法に違反している場合は、対処する方法を教えてくれる感じになります。
実際に労働基準監督署に動いて貰いたい場合は、匿名では厳しいので、実名を示して、労働基準監督署に直接訪問して相談をする事が求められます。
直接訪問をする時は証拠をしっかり集めておいてから、訪問する事で、問題の重大さを知らせる事ができます。
いきなり労働基準監督署に訪問するのが不安な方は、電話やメールで匿名の状態で軽く労働相談をして、アドバイスを受けるだけでも、大きな勇気を貰える可能性があります。
労働基準法に違反した状態なのかが分からない状態で働くよりも、理解した状態で働く事ができれば、違反している状態を冷静に証拠として残す事ができますから、後々の大きな動きに繋げられます。

Page Top