前へ
次へ

労働相談を受けることが

ベーシックインカムという考え方が広まっています。
ノルマがなくても仕事を遂行することができる、ということです。
仕事には納期やノルマがあり、それを達成し売り上げをあげることで会社や社会に貢献する、という役割があります。
地方では相次ぐ貧困ビジネスや倒産に備えて、ベーシックインカムという考え方は必須となっています。
納税をきちんとしていて賃貸物件に住み、車を所有していると、ノルマを達成したり、納期を満たすような労働は難しくなります。
期間限定社員のように本格的に儲けたいのであれば、会社に社宅を借りてもらい、黙々と労働するしかありません。
期間限定社員であれば、労働相談はあまり受け付けてもらえません。
賃金が下がるということは少ないのですが、労働相談によって得られる対価はありません。
日本でビジネスがうまくいかなければ安い海外製品を使う、貧困ビジネスが主流になっている中、企業の賃上げは難しくなっているようです。

Page Top